FC2ブログ

*chouchou*

手作り・暮らし・お気に入り

秋冬っぽい  

ハギレのかごがいっぱいになって来たので

幾つかピックアップして

繋ぎ合わせてみました。


冬パッチ9


ブラックウォッチにベージュ

黒と 差し色に赤を

と合わせていくと

すっかり秋冬のイメージのクロスになりました


冬パッチ7 


こちらはコピー機の埃避けに使います。

この時期はこの柄合わせが似合うけれど

夏になったらちょっと暑苦しいかな?とも思って


冬パッチ8 


反対側はシンプルにヒッコリーのみにしてみました。


それからもう一つ


冬パッチ3 


同じ雰囲気で布合わせをして巾着も作ってみました。


冬パッチ6 


フラットの状態ではいい感じ、と思っていたのに


冬パッチ5 


巾着にしてみたら裏側の柄合わせはちょっと微妙~

難しい。。


冬パッチ2 


こういうの さらっと上手く合わせられるセンスが欲しい


冬パッチ1 


でも表側は結構気に入っているんですよ。


冬パッチ4 


こういう所にピスネームを挟むのも楽しくてツボだったりします。


だけど

この2点を作ったところでハギレは全然減らず

なんなら ここにはこの柄が欲しいから・・

とかいって新しくカットしてしまいまたハギレが増える・・みたいな?

でもいいんです

楽しいから

沢山の柄を使う時は

作りながらも生地に癒され

ハンドメイドってホント楽しい♪と思える瞬間



そしてそう言いつつ

ハギレ消費はまだ続きます




       




話は変わって

先週、鎌倉までLIVEに行って来ました

閉館後の新江ノ島水族館

ステージはその水槽の前で


えのすい 


歌声と この背景がぴったりで

ずっとずっとこの空間で聴いていたかった

とても幸せな時間でした








にほんブログ村
スポンサーサイト

category: komono

tb: --   cm: 0

ポケット付きポケティケース  

たーーくさん作りました。


ポケポケティ6 


以前ハーフリネンで作った物のラミネート版です。


我が家にあるラミネート

使いたい物が見付けやすい様に

1柄ずつ巻いて収納しているのですが

そのラックもいつしかいっぱいになってきて

もう重ねて巻かないと管理出来なくなってしまって


ポケポケティ5 


そして良く見ると

お迎えしてから年数の経っている物は端が変色している部分もあったりで


大事に取っておいて結局使えなくなってしまうのって

一番残念なパターンですよね。

なのでそうなってしまう前に

整理も兼ねて綺麗な部分をカットして色々と使っていこう!

という事で一気に沢山作ったのでした。


ポケポケティ3 


ポケティケースの裏にはポケットが一つ


ポケポケティ4 


絆創膏や携帯薬を入れたりと

ちょっとした物を持ち歩くのに便利かと。


ポケポケティ1 


クッションカバーを作る時もそうなのですが

ポケティケースも

中にポケットティッシュを入れた時に

ムチっとなる仕上がりが好きなので
 
新品のポケティが入っている時は結構パツパツです


ポケポケティ2 


久しぶりの量産

どれも気に入ってお迎えした柄ばかりなので

並べて見ると可愛くて可愛くて

本当に

見ているだけで癒される~


ポケポケティ7 


ちょっとしたプレゼントに良さそうなので

簡単にラッピングして何個か持ち歩こうかと。

ばったり会ったお友達にプレゼント、とか


でも

出不精の私に

そんなシチュエーションが来るかどうかは

ね・・

考えない事に






にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 0

ラミネートで色々と  

もう・・

更新が空きすぎて

スポンサー広告?

みたいなのがページの上に出ちゃったので

あたふたと記事を書いています。


最近はすっかりハンドメイドもご無沙汰で

ラミネートを縫うのも本当に久しぶり。

収納ラックもそろそろいっぱいになって

管理がしにくくなって来たので

小物を色々と作って消費しようかと


ラミ1 


小さなペンケース&ぺたんこポーチは

内布にもラミネートを使って・・

って作ったら

厚みが出て角が出しにく~い

マチ有りのポーチにすれば良かった

その他にもちょこちょこミスをしたりで

納得のいく仕上がりにはなりませんでした。。

ぷちプレゼントに作り貯めしておこうと思ったのに

結局自分用になってしまう・・っていう。。残念!


ラミ3 


キラキラとペンギンは

裏表で柄を切り替えて二つ


ラミ2 


このグリーンも


ラミ5 


表にはキラキラを合わせて。

本当にお気に入りだったこの柄もこれでほぼ使い切り


ラミ6 


ペンケースはフリクションが2~3本入るくらい


あとは


ラミ4 


ブックカバー

用尺が足りなかったので

折り返し部分は継ぎ接ぎで。

この淡い色合いも可愛くて大好き

だけどこちらもこれで使い切りです。








次こそ

ぷちプレに出来そうな物を作るぞ~






     













にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 0

とんがり帽子のツリー  

ムスコの夏休みが

9月下旬までだったせいか

まだ夏休み気分が抜けずにいます。

ミシンも本当に久しぶりに動かしたので

まるで初めて使うみたいにドキドキ

そうして出来た小物です。


とんがり帽子3 
   参考レシピ:Studio Clip 手作り雑貨の作り方 なべつかみ


とんがり帽子を3つ作って重ねただけ


とんがり帽子1 


なのでバラバラになります。

簡単なものだけれど

どんな色を使おう・・とか

順番はどうしよう・・とか

色々と考える作業が楽しかったです。

一番上にしたピンクのドットは雪のイメージ

真ん中の小花柄はオーナメントのかわりに

幹にはダイソーで見付けた小さなフラスコを使っています。


とんがり帽子2  


暖色系のツリーも  ほっこり可愛いですよね






     












にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 0

ラミネートのブックカバー ざっくりと作り方も・・  

ちょっと前に

パソコン周りの整頓をしました。


カバー12 


ギターのスコアで良く使う何冊かは

取り出し易い様にケースから出す事にしたのですが

分厚い一冊の存在感が凄くて

なのでカバーを作ってみました。


スコアカバー1 


装飾も無くシンプルに。

このタイプのカバーは何度か作っているのですが

作り方は簡単なものの

高さを決めるのが難しくて・・

なるべくピッタリ作りたいと思うと

出来上がったら表紙が入らなくてあたふたする事もしばしば

でも今回は結構いい感じに決まったので

忘れないようにざっくりと覚え書きを残しておきます。




       





カバー1 


まずはサイズ決め

高さは 本の高さ+2cm(上下縫い代)+0.8cm(ゆとり)


そして横幅は


カバー2 


実際に本に合わせてみてこれくらいかな?という幅

こちらは本当にアバウトなので

今回も何cmだったか知らない←笑



カバー3 


そして内布には今回はラッピングペーパーを使っています。

※紙だけど、工程では内布と表記します。

洗濯する物ではないのでこれでもOK

カバーをかけてしまえば見えなくなる部分だけれど

ラミネート一枚だと柄によっては本の表紙が透けてしまうので

結構大事な一枚です。

裏が白いとラミネートの発色も際立つので紙はピッタリ

でもタイベックや他の生地を使ってもいいかと思います。

カバー4 


このペーパー

縦は本の高さ+0.5cm  横幅は本と同じサイズにカットしています。



まずラミネートの上下1cmに折り目をつけます。

この時大活躍したのが最近買ったこちら


カバー5 


このコロコロ 思った以上にしっかり折り目が付けられるのでビックリ

爪で付けると生地を引っ張ってしまいそうで気になっていたので

良い道具に出会えました♪



カバー6 


次に、内布の上下に両面テープを貼ります。

この時キワはミシンで縫う部分なのでの写真の様に

端から5mm位は避けて貼っています。

出来た物をラミネートの中央に合わせ(②の様に)貼り付けます。



カバー7 


そして次はボンド 

縫い代に塗るのですが、こちらも折り目の近くはミシンで縫うので

そこを避けて 生地端の方にボンドをつけて

ぺたりと貼ってしっかり押さえます。

ボンドが乾くまで一休み

ここまでは工作、みたいですね



カバー8 


ボンドが乾いたらようやくミシンです。

まず両サイドを1cm折って 縁と縁から0.8cmの所にステッチ



カバー9 


出来た物を本に被せて折り込むサイズを決めます。


カバー10 


両サイドはコロコロでしっかり折り目をつけて。


最後に上下を縫ったら完成です。


カバー11 


pointはギリギリ キワを縫う と言う事!

というかキワを縫わないと表紙が入らなくなる危険があります

今回ゆとりは0.8mmでちょうどいい感じに仕上がったけれど

この折り返し部分の縫い幅?や

本の表紙の厚さ、ラミネートの厚さ等によって

1cm、1.2cmなど調整する必要があります。


スコアカバー2 


出来上がってはめてみるとこんな感じ

本体に合わせながら作っているので

もたつく事もなくスッキリ


スコアカバー3 


スコアカバー4 


見えなくなる部分だけれど

柄の組み合わせを考えるのも楽しい作業でした。


そしてカバーをかけたら


カバー13 


ちょっとは控えめな見た目になったかしら








にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 2