*chouchou*

手作り・暮らし・お気に入り

憧れの形♡  

珍しく

連日の投稿です


ずっと替えたい!と思っていた物があって

それをようやく実行する事が出来ました。


まずは型紙作りから


ガード7 


ショップに細かくサイズが掲載されていたので

それを参考にして

でも曲線はフリーハンドなので難し~


ガード8 


できたのはこんな形

左側のくり抜き部分は本体に当てて

慎重に位置を調整しました。


ガード9 


で、それをシートに乗せて

デザインナイフで切り筋を付けて

その後 慎重にハサミでカット


ガード10 


そして切り口を滑らかにするために

細めのサンドペーパーで整えて。

これでパーツが完成!

失敗無く、キレイに作りたかったので

慎重に慎重に・・と

既に作業中、ドキドキの連続だったのだけど

ここからがまた緊張しました


ガード3 


これをね、剥がす作業。。

もう、何を作っていたのか 分かりましたね

このシートは粘着テープで貼り付けてあるのですが

ちゃんとキレイに剥がせるのかが心配で。。

ベタベタとテープが残ってしまったり

本体が擦れてしまったりしないかしら・・と。

色々と検索したら

ドライヤーの熱を当てながら剥がすと良いとの事で

その通り やってみました。

うん、イイかも

慎重に、それでいて結構な力で引き剥がす。

よーーしオッケー

で、剥がしてみてビックリ


ガード4 


こんなに色が違うの!

確かに、買ったばかりの頃は薄い色だったかも。

最近は何だか好みの感じになって来たな

って思ってはいたけれど

勘違いじゃなかった


さあ、それでは新しいシートを貼り付けます。

ズレない様に またドキドキ

サウンドホールの位置もしっかり合わせて

ペタリ!


ガード6 


キレイに貼れた~

下の方

色が抜けている所が見えちゃっているのは残念だけれど

それもまたいつか馴染む事を期待して。


ガード2 


あぁ・・嬉しい

思った通りの形


ガード5 


比べてみると こんな感じ。


憧れの あのJ-45 みたいな

大きなピックガードにしたかったの

色もね

秦さんのみたいな赤いのが良かったから

茶色から赤のべっ甲柄へと変えてみました。

写真では違いがあまり分からないですね

だけど

ピックガードを替えただけで

印象もかなり変わって

愛着も増しに増しました←言葉遊びみたい


ガード1 


意味もなく物陰から覗いてしまったり

ふと目にしてはニンマリしてしまったり






     







にほんブログ村
スポンサーサイト

category: Hata san

tb: --   cm: 0

ひまわりの様な  

ピンクッションを作りました。


ひまわりピンクッション5 


今まで使っていたモノは


ひまわりピンクッション3 


柄に顔があるので

まち針を刺すのに気になってしまい

一々そこを避けて刺す・・というのが何気に面倒だったので

いつか作り直したいと思っていたのです。


そこで

新たに お花を作るなら

ひまわりがいいなと。

使いたい生地も即決!

イエローの中でも

とっても可愛くて幸せな感じのする

このYellow Garden

そして中央に使ったボタンは

以前何かに付いていて

これは使えそうだな、と取っておいた物

頭の中ですぐに組み合わさった通り

イイ感じにひまわりっぽくなった


ひまわりピンクッション4 


そしてなんと

お友達に貰った金平糖の缶にピッタリ収まったの!

まるでこれに合わせて作ったかの様なミラクルでした。

えっと・・

なんて言うんだっけ

別々の物がぴったり組み合わさる事・・

リメイクとかであったよね。 

忘れちゃったけれど そんな感じです。←笑


ひまわりピンクッション2 


ピンを刺してもかわいい


ひまわりピンクッション 1 


物が増えてごちゃごちゃだったお裁縫箱も整頓して

使い勝手も良くなりました。

蓋を開けた時に

パッと ひまわりが目に飛び込んで来るのも嬉しかったり


ひまわりピンクッション6 


だけど

このタイプのピンクッションって

お花 だけど

なんだかとっても美味しそうですよね。




       





そうそう

ちょっと話は逸れますが


hataトレイン 


先日

こちらのひまわりにもやっと出会えました。

こんなに大きく秦さんがとウキウキ撮影しちゃった







     













にほんブログ村

category: Hata san

tb: --   cm: 8

Hata Cafeのボトルカバー  

前回に続き

Hata sanカテゴリでのお話になりますが

今日はハンドメイドです


雑貨好きのココロをくすぐる

秦さんのLiveグッズ達

毎回、何を買うか・・ではなく

何をどれだけ諦められるか自問自答し苦しんでいるのですが

マストで買ってしまうのがこちらのシリーズ


はたぼとる1 


こ、これでも

タンブラーはブラックを

サーモボトルはホワイトを諦めたのよ~


今回は、こちらの中央にある

ブラックのサーモボトルのお話です。

高さはあるものの容量は350mlなので

結構スリムなこのボトル

使うのに

やっぱりカバーが作りたいな と思って。

だけどせっかくの このロゴが隠れてしまうのは嫌だな・・と。

そう思ってしまったせいで

どんなカバーにするのか

仕様を考えるのに何週間か・・掛かりました


はたぼとる2 


というか、考えても

それを形にする時に作り方に無理や矛盾は無いのか

どうしても分からなくて

ええい!もういいや!

と見切り発車

作りながら

ここはこうしよう

この仕様は諦めよう

ここは妥協しちゃおう

みたいな。

そんなこんなで悪戦苦闘しつつも

無事、完成しました


はたぼとる6 


途中、何度も確認しながら作ったので

内径も中々のジャストサイズです

クリアーな部分には

ダイソーの軟質カードケース(B4サイズ)をカットして使用しました。


はたぼとる3 


反対側はこんな感じ

この細さなので

縫った後に裏返す・・みたいな事は無理だと思ったので

くるんと巻きつけてカシメで留めて仕上げました。

合皮の上にはDカンを付けて

ぶら下げたり出来る様に。


はたぼとる4改  


諦めたのは 底 を付ける事

ビニコで綺麗な丸を表現するのは難しい

妥協して四角にしたとしても

縫って裏返さないといけない

という事で もう、オープンでいいや・・と。

だけど全く底が無いとスポっと抜けてしまうので

合皮を延長させて固定しました。

だから底はの様な状態なので


はたぼとる5 


カバーを付けた状態で自立させるのは正直 心許ない感じです

でも

外出中、飲む時以外は大抵bagに入れているので

自立させる必要は無いし、見た目は気に入っているから いっか、と。

これが妥協したトコロ。


はたぼとる7 


だけど全体のスタイルとしては

大体思い描いた感じに出来て

当初の目標だった「ロゴ部分を隠さない」も果たせたので

とっても満足しています。


Liveに行く時とかはトイレが近くなると困るので

水分は取り過ぎない様にしているので

これくらいのボトルは重宝するの。

なのでこれからたくさん使おうっと







にほんブログ村

category: Hata san

tb: --   cm: 2

ぼんやり まったり  

3月から体調を崩して

途中お薬を飲んだりなんだりしていたせいもあって

ここのところ

毎日ぐうたらに過ごしている気がします。

ちょっと

イヤ・・かなり怠け癖がついちゃった様な

連休中も唯一お出かけしたのが


hataメグリ1 


こちら

いやもう むしろこの日の為に

体調を整え・・るのはどうにもならなかったので

体力温存!とばかりにずっと大人しく過ごしていた感じです。

当日は天気も良く絶好の行楽日和

なのでLIVEの前に写真展を見に行こうと

元町中華街駅を降りたら

もうそこから人がうじゃうじゃ~

ただでさえ方向音痴なのに

人だらけで道も向きも判別出来ません

でも最近私の心強い味方

Google mapさまさまのお陰で迷子にならずに済みました。



hataメグリ2 


ギターショップって

普段は何となく敷居が高い

というか怖くて入れない感じだけれど

今日は写真展が開催されているから

ビビらないでスッと入って行けた~


hataメグリ3 


久しぶりにこちらのギターにも会えました

そして2階に上がり

かっこいい&かわいい写真を見て

心の中でキャーキャー言って

その後またGoogle mapを片手にハマスタへと移動。

LIVEは勿論ですが

とーーっても良かったです。

詳細は熱く語ってしまうとアレなので

毎度の如くバッサリ割愛しますが

席が会場の ど真ん中のライン上だったので

中央マイクスタンドの所にいる秦さんとずっと向かい合っている気分でした

あぁ・・

ホントにいいLIVEだった

まだまだ余韻に浸っていられそう


そんな感じで

心はホクホクなものの

久しぶりの外出に体力を使い果たし

またまたぐうたらな日々を過ごしています。

ダメだわ

もっとしっかりしなくっちゃ




       




ハンドメイドは

時々思い出したかの様にポツリポツリ


hataメグリ4 


ちっちゃなぺたんこポーチを二つ

天気の悪い日に撮影したので

いまいち使える写真が無かった

こちらは二つともそれぞれ

お友達の所へ旅立って行きました。


あとは

ラミネートで

ミシンは少ししか使わないで

お手軽に工作は出来ないかしらと


ラミbag2 


紙袋風のbagを作ってみたのですが

紙よりも張りが無いためしっかり形が決まらず

そして何気にお手軽でも無く

これなら普通に縫ってトートを作ったほうが楽だしカッコイイかも?

という結論に至る・・・みたいな。。


ラミbag1 


縫い目を入れずに

紙袋感を出したかったんだけどな。

このクオリティでは また作ろうとは思えないなぁ。。

トホホ












にほんブログ村

category: Hata san

tb: --   cm: 4

図工の時間 その2   

昨日の続きです。

出来上がったモノを早速お披露目


秦さんフレーム24 


横に長いから、全体を撮るのって難しい

前回、一番左の一枚だけ チラ見せしましたが

中に入れているのはこちら


秦さんフレーム15 


これね

コーヒーのドリップパックの袋に付いていたラベルです。

一つ一つの絵が、とってもかわいいでしょう?

fanには堪らないこの感じ

それにね、中のコーヒーが

これまたとっても美味しいんです。

袋を開けた時に ふわっと来る香りも大好き



ちょっと話が逸れましたが


秦さんフレーム13 


このラベル、全部で8枚あるものを

いつか飾りたいな、と。


秦さんフレーム14 


しかも横並びで一列に!

でもそういうフレームを探しても中々見付からず

あってもかなり高価だったりしたので

これは、作るしかないな・・

と、ずっと構想を練っていたのでした。


秦さんフレーム23  


だけど

こういう感じにしたいっていうイメージは明確に浮かぶものの

それを実現させる技術が足りないみたいな。。

前回もお話しましたが

切るのも、彫るのも、塗るのも苦手 という


秦さんフレーム25 


そんな自信の無い所からのスタートだったので

必要な道具、材料は最初に一気に調達するなんて事はせず

各工程毎に準備して

それがクリアー出来たら次を用意して取り掛かる、っていう

「失敗した時の損失はなるべく少なめに」作戦で行きました


秦さんフレーム17 


だから、完成までにはかなり時間が掛かっちゃった。

でも、大体

最初にイメージした感じに近付けたかな?と思います。


秦さんフレーム18 


一番悩んだのは

このアクリル板をどうやって取り付けるか、という所。

市販のフレームを見てみると

ちゃんとガラスやアクリル板が収まる様に

溝や段差の加工がしてあって

でもホームセンターでは直線のカットしか対応してもらえないので

え~~~コレを自分で彫るのぉって。。



とても出来る気がしなかったので

も、もういいや・・短い方の辺だけ彫ろう・・と。

取り敢えず

アクリル板がフレームから外れなければ・・


秦さんフレーム20 


だからね、上下の長い辺は彫っていません。

両サイドだけ。。


秦さんフレーム21 


出来上がってみると

やっぱり彫った方がしっかりした造りになったなぁ・・とも思うのですが

自分のキャパを超える様な事をすると

失敗するのは目に見えているので

今回はこれでOK!

と納得する事にしました


秦さんフレーム22 


ちなみに裏側はこんな感じ

両サイドの金具を少しはみ出すように固定したので

それがフレームに引っ掛かって

それ以上奥に入り込まない仕組みになっています。

ただ、壁に掛けたりする場合には強度がちょっと心配なので

裏側はもう少し手を加えて頑丈にしようと思っています。


秦さんフレーム16 


でも、無事 完成する事が出来て良かった

このかわいいラベルを横一列に並べて眺めたい

その目標は達成出来ました


秦さんフレーム19 


この黄色が一番のお気に入り








にほんブログ村

category: Hata san

tb: --   cm: 8