*chouchou*

手作り・暮らし・お気に入り

隠しマチ付き巾着(内布あり)の作り方  

先日お話していた

内布ありの縫い方です。

部分的に説明しても上手く伝わらないかな・・と思って

レシピとして最初からお話していきますね。

パソコンで図とか書くの、無理なので

アナログで・・

隠しマチ巾着 レシピ 
画像クリックで拡大します。

最初に・・ご注意があるのですが

この通りに作ったら、ちょっと細長くなっちゃったので
(マチの部分を考えずに平置きでサイズのバランスを決めちゃった)

数字は参考にしないで~

大きさを決めた時の型の取り方の参考にして下さい。
(幅をそのまま13cmでいくならば、縦は5cm程短く(31cm位)した方がいいかも・・です。)

①と言うのは縫い代分です。

ここで一番のポイントになるのが

内布の幅を、表布よりも2cm広く取る(写真の波線)という所。

レシピ1 生地 カット 

サイズが決まったら生地をカット。

口布(紐通し部分)はまだ2枚分つながったままです。

あとはタグや紐などをお好みの物を。

さあ、それでは縫っていきますね。

まず

レシピ1 口布 カット アイロン 

口布の両端をそれぞれ1cmずつアイロンで折って

端から7mm位の所にミシンでステッチをかけて

半分にカットし、それをアイロンでしっかり二つに折って

中央に印を書いておきます。

レシピ1 表タグ 印 

表の生地にはお好みでタグを付け

これにも上下の中央に印を。
(ついでに、内布の中央にも両方印を付けておきます。)

レシピ1 口布 仮縫い 

この表布と先程の口布を、印を付けた中心でしっかり合わせて

端から7mm位の所を縫っていきます。

もう一方の端も同様に。

こうして出来た物を

レシピ1 表内布合体 

今度は内布と中表にして、中心をしっかり合わせて

出来上がり線である、端から1cmの所を縫っていきます(もう一方も同様に)

次にこれを表に返すのですが

レシピ1 縫い代割り  

ひとまずアイロンでしっかり縫い代を割ってから・・

の方が表に返した時に形を整え易いです。

今回の巾着は「縫い」で難しい所は無いので

とにかく「アイロンをきっちりかける」というのが一番のコツ・・かな

レシピ1 表に返しアイロン 

で、表に返して 口布部分の所は生地がたるまない様に

しっかりアイロンで整えておきます。

その後、両サイドを数箇所 まち針で固定します。

内布のリネンが表布より1cm長くなっている状態です。

準備が出来たら、今度は表布の周囲をぐるりと一周縫っていきます。

レシピ1 四角縫い

両サイドは表布の端から3mm位、

上下はコバステッチの要領で1.5mm~2mm位を縫う感じ。

で線を引いてある辺りです。

縫い始め&終わりはサイドから。(表に響かないので)

一周縫い終わたら

レシピ1 革挟みタグ 

今回は革をサイドに挟みたかったので

この時点で仮固定します。

もたつかないように革の縫い代はちょっとだけ

薄手のピスネーム等を挟む場合は

周囲をぐるりと縫うときに一緒に縫ってもいいかも。

出来上がり線である「口布の端から2mm位外側」を目安に

タグの位置を調整して下さいね。

はい

ここまで来たら、ようやく袋状にしていきますよ!

レシピ1 表サイド 

まず外表に半分に折って、端をまち針で固定。

で、縫う線は はみ出している内布の中心辺り(端から5mmの所)。

両サイドとも縫えたら

レシピ1 角カット アイロン 

下の角をカットして、またアイロンでしっかり縫い代を割ってから

裏に返していきます。

レシピ1 裏返しアイロン マチ線 

角もきっちり出して、ズレない様に口布を固定しておき

両端をアイロンでしっかり押さえて形を整えます。

そして今回は隠しマチを6cm取るので

半分の3cmの所を折り曲げます。

そうそう、説明のために黒い線を引いていますが

実際はヘラや消えるペン等を使って下さいね

レシピ1 マチ折り 

で、最後。両サイドを縫っていくのですが

大体目安となるのが、先程革タグの所でお話した通り

口布の端から2mm位の所です。

の写真で、ちょっと見にくいですが

表でサイドを縫った時の縫い目より内側に縫い目が入る様に気を付けて下さいね。

それさえ守れていれば

口布の端ギリギリのラインまでの間だったらどこでも大丈夫だと思います。

あとは縫い方でもう一つポイントが

レシピ1 サイド 手順 

わかりやすい様に線を引きましたが

ちょうど①辺りから縫い始めて

三角形の②の辺は補強の意味もあって返し縫い。

その後③、④と方向を変えて縫い進めて①へ戻り

⑤の方向へ・・そのまま巾着の底まで縫って最後返し縫いをしたら終わりです。

この③を縫う、っていう所がポイント

ここをきちんと縫い閉じておく方が

レシピ1 縫い代上 見た目 

上からの見た目がキレイに仕上がります

まぁ・・内側だから気にならないという場合は

普通に両サイドを真っ直ぐ縫う、でもいいと思います。

私なりの・・小さなこだわり、みたいな感じなので



レシピ1 本体完成 

これで表に返したら本体は完成~

あとはもう

紐はお好きな物をお好みの長さで。

片側だけでも、両方通すのでも。

レシピ1 完成 

だらだら~っと長い説明でしたが

伝わったかな?

簡単に言うと

「縫い代をもたつかない様にちょっと工夫して袋縫いをして

底をマチの半分折り曲げて縫い留める」

っていう2行で済む事なのだけれど

レシピ1 マチ 

最初に言い訳した通り・・

マチの分を考え忘れていて

レシピ1 巾着 細長 3 

ちょっと細長style

いっその事、もうちょっと長くしたら

ペットボトルが入りそう

この巾着

説明はややこしかったかもしれませんが

作るのは本当にお手軽です。

小さめの巾着の場合

・返し口を開けてサイドを縫って

・その小さな返し口から表に返して

・最後に返し口を閉じる

っていうこの返し口にまつわる一連の作業が

あんまり好きではないので

それが無いのが嬉しい所

そしてもう一つ

レシピ1 筒状縫い無し 

口布周りのコバステッチ等も

まだ平面の状態の時に出来るので

小さな巾着を筒状にくるくる回して縫わなくていいのもお気に入りpointです

底を折らなければマチなしの巾着にも活用出来るしね。

レシピ1 巾着 内側 

内側の仕上がりで言うと

本当は、縫い代を表も内布も裏側にまわして縫うのが一番キレイだと思うのですが

まぁ・・

バイアス処理をしなくていいバイアス風と思えば

それなりに・・キレイ・・だよね

レシピ1 巾着 細長2 

という事で

これがこの間お話していた

お手軽に作れた方法、です。

もっと簡単な、いい縫い方があるのかも・・しれませんが

私がぐるぐると考えた中では

今の所これがいっぱいいっぱいかな~

でも

結構気に入っているので

今後も活用していきたいと思っています






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

category: 隠しマチ付き巾着(内布あり)

tb: --   cm: 2