*chouchou*

手作り・暮らし・お気に入り

キッチンアームカバーの作り方 その2  

前回の続きです。

アームカバー レシピ 6-0  

こちらを、中央で折り返して出来上がりの形にします。

画像の★と★を合わせてクリップで留め

アームカバー レシピ 6-1

ちょうど反対側になる生地の中央(合印を付けておいた所)も同様に留め

 その間も幾つか留めて

合わせた縁の所を縫い合わせていくのですが

私は縫う前に

アームカバー レシピ 6-2 

しつけをします。

何故って?

絶対ズレるから

こうして重ねた物は内側がどうしてもたるみ易いので

まばらに固定した位では

私の技術では必ずズレる・・っていう悲しいセオリー

慣れている方はこの工程は省いて下さいね。

アームカバー レシピ 6-3 

は縁を一本と、縁から1.5cmの所をぐるりと縫った状態です。

アームカバー レシピ 6-4 

①→④へと順番に縫い進めていきます。

さすがに裾布部分までは右側が詰まって無理なので

④まで終わったら一度抜いて

今度は裾布側からアームに差し込んでまた縫っていくのですが

この時生地を裏返して

アームカバー レシピ 6-5 

今回で言うとスイーツ柄の方が表になるようにしてから縫って下さい。

こうするとミシン針の進む方向が①~④と一緒になるのでその方がいいかな、と。

ところで

の⑥の部分の縫い位置ですが

私は裾布の上にミシン目を入れていますが

メイン生地の裾側の縁の方に入れてもいいかと思います。

生地の重なりが多い部分なので

どちらにせよステッチを入れる事でその部分が固定されてよりしっかりとなるので

位置はお好みで選んで入れて下さいね

ここまで出来たら

アームカバー レシピ 6-6 

本体は完成です

そして最後、ゴム通しです。

アームカバー レシピ 7-2 

ゴムは9mm・6mm幅とも30cm用意していますが

自分の腕に合わせてサイズを調節して下さいね。
(ゴムの素材や幅によっても用尺は変わって来ると思います。)

今回は私の場合のサイズで説明していきます。

写真の様に

9mm幅のゴムには端から5cm、6mm幅には2.5cmの所に印を付けておきます。

ゴムの反対側にも同様に印を付けます。

そして本体の口側の通し口には9mm

中央辺りの通し口には6mmのゴムを通していきます。


余談
以前作った時にもちらっとお話しましたが、口と中央付近でゴムの幅を変えているのは
口部分はしっかりホールドさせたいけれど腕が痛くなるのはイヤなので幅広の物を
中央付近は直接腕に触れる部分でもなく少しギャザーが寄ればいい程度なので
細めの物を、と考えて使用しています。




アームカバー レシピ 7-3 

縫い代が邪魔してゴム通しが出て来れない時には

こんな感じでハサミ等をブッ込んでお迎えしてあげると

機嫌良く出て来てくれると思います。

アームカバー レシピ 7-4 

出て来たらゴムの両端を

それぞれ印を付けた所よりも1cm程長めにカットして

印同士を合わせてまち針で固定して

手縫いで縫い留めていきます。

分かり易い様にと色付きの糸で縫ってみたら・・

アームカバー レシピ 7-5 

笑える位すんごい縫い目

でも、重なった四隅をがっちり縫っているの、分かるかな?

縫い終わったら中に入れ込んで馴染ませます。

アームカバー レシピ 7-6 

こちらは口側だけゴムが入った状態。

この後中央付近の通し口にも6mm幅のゴムを同じようにして通して

アームカバー レシピ 7-7 

出来上がりです。

ところで

今回のアームカバーはご覧の通りリバーシブルなので

ゴムの返し口はコノ字とじ等で縫い合わせようかと思っていたのですが

の写真、閉じていないけれど目立たないでしょう?

だから省略 わははは

こちらを表として装着して

腕を曲げた時に少し口が開く位・・です。

そんなの誰も見ないもーーーん!

最初の生地の下ごしらえの時に

ごちゃついた柄の方を選んで・・と言ったのは

その方がこの通し口が目立たないからです。(←横着者の知恵)

・・とういわけで私は閉じませんでしたが

気になる方は縫い合わせて下さいね。


それでは完成品のお披露目です

まずは小花柄の方から

アームカバー レシピ 8-1 

これ、デコレクションズの生地なのですが

とーってもかわいいです。

取り扱いは終了してしまったみたいで残念なのですが

こういうかわいい小花柄って主張が強すぎない分

色々なモノに使えるので便利ですよね

そして

スイーツ柄の方は

アームカバー レシピ 8-2 

甘ーーーーーい感じに仕上がりました。

こちらはYUWAのお馴染みの柄ですよね。

地の色は淡いピンク?

どちらかというと薄~いベージュに近いかな?

小花柄もスイーツ柄も

裾のOLD PINKとの相性もピッタリ

好みの感じに仕上がりました。



作り方を公開する事で

私自身しっかりおさらいする事も出来たし

細部まで記録として残しておくことが出来たので

満足満足です。

工程としてはさほど難しい所も無いと思うので

皆さんも是非作ってみて下さいね

コツは

『要所要所でしっかりアイロンをかけること』

・・っていうのはどの作品にも言える事ですね

アームカバー レシピ 8-3 

流石に我が家にはもう3セットもあるので

出来上がったこちらは実家にでも持って行って

そちらでの炊事用にしようかな。






     











にほんブログ村
スポンサーサイト

category: キッチンアームカバー

tb: --   cm: 8

キッチンアームカバーの作り方 その1  

写真を編集していたら

恐ろしく長くなってしまいそうなので

2回に分けてご紹介しますね

それでは早速

まずは材料から(サイズは縫い代込みです)

アームカバー レシピ 材料 





          メイン布A(スイーツ柄) 縦14.5cm×横35cm 2枚
 
          メイン布B(小花柄) 縦14.5cm×横35cm 2枚

          裾布(ピンクハーフリネン) 縦4.5cm×横35cm 4枚

          9mm幅ゴム 30cm 2本 

          6mm幅ゴム 30cm 2本









それから

説明する時にどこの部分の事を言っているのか分かる様に名称を。

アームカバー レシピ 名称改  

あとは・・写真を見て

カッティングボードの汚れが目立つのは、どうかスルーして~

ボードの細かな傷にキルト綿が入り込んでいるみたいで

ゴシゴシ拭いても取り切れないの


と、言い訳も済んだところで

まずはメイン布の一方にのみ下ごしらえをしていきます。

今回ではBの小花柄です。

2柄の内どちらを選ぶ?という時は

ワシャワシャっとごちゃついている柄の方を選んで下さい。

それの

アームカバー レシピ 1-1 

口側から7cmの所

そしてそこから1.2cm(12mm)の所にヘラで印をつけます。

アームカバー レシピ 1-2 

見えにくいかも、なので上からペンでなぞってみました。

ヘラの代わりに消せるタイプのチャコペンみたいな物を使ってもいいかな。

はフリクションですが

これだと作業中のアイロンがけで消えてしまったりするので注意が必要です。

その後裏返し

アームカバー レシピ 1-3 

サイドの片側に印を付けていきます。(上が口側)

分かり易い様に縫い代1cmの所に線を引いていますが

要は、ゴムの通し口を開ける部分2箇所の印付けがしてあれば大丈夫。

こうして小花柄2枚の下ごしらえが整ったら

アームカバー レシピ 2-1 

今度はメイン布A、B両方とも

口側の縫い代1cmを折ってアイロンでクセ付けしておきます。

そしてその折った縫い代の中央部分に

アームカバー レシピ 2-2 

印を入れます。
(私は入れるのを忘れて後で入れたのでちょっと変な画像ですが・・)

ここまで出来たら

ようやくミシンです

まず

アームカバー レシピ 3 

メイン布の裾側に

裾布を中表にして合わせ、縫い代1cmで縫い合わせます。

その後縫い代はメイン側に倒し

表からしっかりアイロンを当てて整えます。

これを4枚分ね。

それが出来たら

アームカバー レシピ 4-1 

今度はメイン布AとBを中表に合わせて

アームカバー レシピ 4-2 

縫い代2cmで縫い合わせます。

アームカバー レシピ 4-3 

私のミシンには縫い代3cmまでガイドのラインが付いているので

そのままミシンをかけていますが

ガイドが無い場合はラインを引いてから縫うといいかも、です。

そして出来た物の

アームカバー レシピ 4-4 

縫い代を割って、まずがっちりアイロンをかけます。


余談
ここで裾布同士を繋ぐならはじめから切らないで長く繋がった物を使えばいいんじゃ・・
と思った方もいるかもしれませんが、この裾部分はがっちりさせたかったのです。
なのでわざと縫い代を多目に切り替えをして
(表布+縫い代)×2で計4枚分の厚みになるようにしてみました。




その後、出来上がりの状態に折り畳んで

アームカバー レシピ 4-5 

裾部分にまたアイロンを当てて

ガッチリと折りグセを付けておきます。

それが済んだらまた開いて

口側の折った部分も開いて

アームカバー レシピ 5-1 

輪っかになるようにサイド同士を中表に合わせて

縫い代1cmで縫い合わせていきます。
(画像は縫い終わった物)

まち針やクリップで固定する時に

アームカバー レシピ 5-2 

このつなぎ目が合うように気を付けて固定してみて下さいね。

私はこれが苦手で

は縫い終わった物ですが

左の方は1mm位ズレちゃった

アームカバー レシピ 5-3 

ゴムの通し口は縫ってしまわないように気を付けて。

私はミシン糸はいちいち切らずに

ゴムの通し口の手前で返し縫いをして

口ギリギリの所で針を一度上げ、布を奥にズラして

また縫い始めの所に針を落とし

返し縫いをして下へ・・という感じで縫っています。

これを2セット縫い終わったら

アームカバー レシピ 5-4 

縫い代を割ってアイロンをかけ

口側もまた折って再度アイロンを当てておきます。

アームカバー レシピ 5-5 

こんな感じ。




という事で

今日はここまで。

おっちょこちょいなので

表記に間違いとかあったらごめんなさい
(気がついたらコソっと教えてね)




それでは、続きはまた次回に





     










 
にほんブログ村

category: キッチンアームカバー

tb: --   cm: 0