*chouchou*

手作り・暮らし・お気に入り

お裁縫箱(缶)  

なんとなく、やんわりと

上腕が筋肉痛

多分、LIVEで振り過ぎたせい・・かも。

そんなおトシ頃の私です。


今日は工作、がメインでした。

ピンクッション パッチ 

と言ってもミシンもちょっと動かしたけれどね。

ピンクッション キルト 

半端に余って使い様の無かったキルト芯を中に。

まだまだ入りそう・・

裁縫箱 周り 

他にも

お菓子の空き箱をカットして

ハーフリネンをペタペタ。

両面テープをケチって裏側にしか貼らなかったら

表にちょっとシワが寄っちゃった

この他にラミネートで底を作って

もう後は入れ込んだりセットしていくだけ。

ちょっと暗めの画像ですが

お裁縫箱 中 

今まで使っていたお裁縫箱はとても小さかったので

二つに分けていたのですが

用意するのも面倒だし

針やクリップは小瓶から取り出しておかないと使いにくかったり

と、ぷちストレスもあったので

今回、一つにまとめて整頓してみました。

もうこれで蓋さえ開ければすぐに作業に取り掛かれます。

タグ等を固定したりする時に使うマステも仕舞えた~

お裁縫箱 トレイ 

深さもそこそこあるので

使用中のミシン糸を置く用のトレイも収納出来そうです

セリアで買った容器に押し込めたピンクッションの生地は

先日補強のためにリメイクしたトートの余りの生地を使いました。

もう・・

分解してしまった罪悪感が強くて

出来上がったのですが

こそこそ っと一枚だけご紹介しますね

GMトート 完成 

表には接着芯を貼り、内布には11号の帆布を使ったので

結構しっかりした感じに仕上がっています。

マチは元と同じで約12cmあるので収納力もたっぷりあります。

元々内布だったネイビーのギンガムチェックは

巾着仕様にして内側に再利用しました。

これで・・

少しでも・・

元の雰囲気が保たれるかなと。

こんな感じで

このトートとお裁縫箱は おソロになります。

といってもあんまりおソロ感は伝わっていないかしら。。

でも

私にとってこの缶は結構な宝物なのです。

だから大事な「お裁縫箱」として、どうしても使いたかったの。

何でそんなに宝物?

それは

お裁縫箱 秦どら缶1 

こうだからでーす

かわいいでしょう?

ちなみに、中にはどら焼き(ひまわりの種 & コーヒー)が入っていました。

どちらも美味しかった~


ふふっ・・

最近こんなお話ばかりで呆れられちゃうかな

でもいいの。

何に対してだって

『好きなモノはとことん好き』

のスタンスだけは

貫き通します(←断言)








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: Hata san

tb: --   cm: 2

上がったり下がったり  

更新が

すっかり開いてしまった今日この頃

でもその間、イロイロな事がありましたよ。

もう

心のテンションが上がったり下がったり・・

ん?

心のテンションって「頭痛が痛い」みたいな表現かな

とにかく上下が激しくて

若干ヘトヘトな私です。

とりあえず、一番のから


土曜日に

行って来ました。  横浜に

来る度に思うの。

大好きだーー横浜~ 

住みたいよ~ ここら辺、お散歩コースにしたいよ~

今回の目的は

AC リスバン 

LIVEです。

私にとっては初めての野外。

オフィスオーガスタのメンバーがこぞって出演するため

結構な長時間なので

さすがに おひとり様は寂しかったので

姉を誘って行って来ました。

前日までの土砂降りにハラハラ・ソワソワで

もう胃がおかしくなりそうでしたが

当日は少しパラつく位で一安心 (晴れ男さんに感謝!)

メンバーは実力派揃いで、しかも皆仲が良いの

セッションとかもたくさんあったり

なのでとっても充実した楽しい時間を過ごす事が出来ました。

AC 写真 

アンコールの歌も終わり、最後の最後に

「社長の許可が下りたから写真撮っていいよ~!」の声に

一斉に皆がパシャパシャパシャ

レンガ倉庫の会場だったので

左側には海、ちょっと振り向くとみなとみらいの夜景

雲間からは丸い月

そして素敵な歌声

はぁ~ なんて至福の時間

しゃっぽくん マステ 

そして自分へのお土産に

しゃっぽくんのマステ

巻きが少ないのに普通のマステの何倍もする値段に躊躇していたら

姉が買ってくれました。 わーーい

はい。

ここまでがなお話。

この後一気にじゅどーーーんと下がります。

LIVEの時は、枠が邪魔に感じるので

メガネからコンタクトに変えている私。

ただこの日は結構な長丁場だったので

ちょっとマズイかな?って心配していたのですが

やっぱり長時間の装着は目に負担があった様で

途中から右目がゴロゴロ

ちょこちょこ目薬を挿して様子をみていたのですが

夜中に帰宅して「さあ、外そう!」

・・・

え?

無ーーーーーい 右目のコンタクトが。。

落とした?目薬の後タオルで押さえたりしてしたし。

でも、何となく左目とは違う違和感が。。

でも、瞼をめくって探しても見当たらない

ちょっと痛いし、両目とも痒いし・・

と、週明けの今日まで悶々とした時間を過ごし

眼科を受診したのでした。

で・・

出て来ました

二つに折り畳まれた状態で

目尻側の奥の方に収まっていたらしいです。

目の構造上、目の裏側に入ってしまう事は無いそうですが

外からは自分では見えにくい瞼の裏? 奥?に行ってしまう事はあるみたいですね。

良かった、ちゃんと受診して

点眼 

痒みもあったので点眼薬も処方してもらいました。

もう

今度からは長時間装着しないよう気をつけよう!

そしてコンタクトをする時は鏡を持ち歩こう!と心に決めた出来事でした

あとは

小さなが幾つか。

チュニトレ 

近所のアウトレットで

首周りの開き具合と袖の形がど真ん中のチュニックトレーナーが

なんと半額になっていて、これなら買える!と get して

今日それを着て眼科に行ったのですが

着心地もサイコーと喜んでいたら

待合室で見知らぬ奥様に肩を叩かれ

「値札がついてますよ」
 と

ひゃーー

どこぞの奥様。

こっそり教えて下さって本当にありがとうございました

あ~恥ずかしかった。

それからハンドメイド

GMトート 途中 

内布のポケット

ベージュの帆布にカーキのラインを・・

なんて、私にしては珍しい事をしたのに

そんな時に限ってあの、気まぐれに起こる

帆布だとヘソを曲げる(縫い目が突然クイッと斜めにズレる)現象が

それでも仕方無いってその後もサクサク縫い進めて

このまま一気に仕上げか~?

って思った所でネイビーのミシン糸終了勿論買い置きなんて無し。。

しゅるるるるるるぅ

そんなもんです。

この他にも

リビングのパーテーションの滑車が壊れたり

庭のハナミズキに、大嫌いなアイツがいるらしく

そのフンが日に日に大きくなっている・・とか(←怖くて駆除出来ない)

割合で言うと

の方が多い気もしますが

LIVEはすごーーく良かったし

もうすぐ・・明日辺り?

待ちに待ったDVD(コブクロ)も届くみたいだし

元気を出して

また

色々頑張ろうっと。






にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

category: Hata san

tb: --   cm: 0

指貫  

を、買いました。

指ぬき 

硬くて針が通らない時に

今まではテーブルとかに押し付けていたのですが

それだと時々ツルッと滑って

怖い思いをする事も結構あったので

先日ようやくお迎えしました。

いまいち使い方を把握していないのですが

多分、これから役に立ってくれる事でしょう

あと、同じ日に買った物

2016手帳 

2016年の手帳

ここ数年はLAB CLIPのB6のマンスリー手帳を愛用していたのですが

なんか、最近気に入ったデザインが無くて

リフィルだけというのもあるみたいなのですが

近所には置いていないので、もう諦めてこちらを買ってしまいました。

B6よりも幅がちょっと狭くて

B6よりも高さは結構ある、という細長タイプ。

出来れば表のアルファベットは無し!が良かったけれど

2016手帳 中 

中はすっきりシンプルだし

縁に見えるキャメルの色合いも良かったので妥協しました

一年使ってみて良ければ

これからはこのシリーズかな。


       


ところで今日はMステウルトラFES

12時から10時間

出掛けたムスコのお迎え&買い物の小一時間を除いて

ほぼ見ちゃいましたよ!

だって前半にも後半にも

私的には見所が・・

とは言っても長丁場

GMトート カット 

しっかり手は動かしていました。

リッパーで解いて

アイロンをかけて

裁断して

接着芯を貼って



すんごい時間が掛かりました。

何を解いた?

GMトート 柔らか 

去年のツアーで

かわいいっと即決で買ったbagを、です。

だけど

実際使うには、私にはちょっと柔らか過ぎだったので

ずっと寝かせたままだったの。

でも、使わないのはやっぱり勿体無いから



ご・・

ごめんなさーーーーい 

なんだけど・・

補強のために

全て分解してしまいました

でも

がっちりタイプに変身させたら

ちゃんと使うから。。

ヘビロテするくらい

お気に入りのbagに仕上げるから。。

ごめんなさーーーい







にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

category: その他の雑貨etc.

tb: --   cm: 2

Retro rose 秋色リングのbag  

前回の続きです。

カタカタ&ちくちく縫って出来上がりました

Retro rose 白 リングのバッグ1 

あ・・ちょっと写真がデカ過ぎたかな

ま、いっか。

今回メインに使ったのはYUWA Retro roseのbeige

生成り地に黒の線だけっていう潔い柄

でも織り方に特徴のある生地なので

モノトーンでも存在感があって雰囲気が良いです

Retro rose 白 タック 

ぷっくり ふっくらした感じに仕上げたくて

チラシで出来上がりの形を試してみたりしたけれど

紙と布とでは違うから

出来上がるまではドキドキでしたが

ほぼ

思った通りの形になりました。

まあ・・出来上がってみれば

ありがちな形かな、とも思うけれど

でも、これでも私なりにこだわって作ったつもり

Retro rose 白 底タック 

前回お話した通り

タックをきちんと入れる事が出来たので

底もズレずに合わせる事が出来ました

持ち手は

Retro rose 白 リング 

アクリルの茶色のリング

手芸屋さんで買ったのですが

百均にもあるみたいですね。あぁあ~倍位したのにな~

でもこの色が「秋」っぽいなと思って。

このリングにRetro roseのbeige

間には何色を合わせる?

で、浮かんだのがこの色でした。

Retro rose 白 口布 

オックス生地のBurgundy

秋冬にピッタリの色

相変わらず、ミシン目は2本入れています。

もうね、1本だけだと物足りなくって

内布には

Retro rose 白 内布 

デコレクションズの新作 LITTLE BRIDE WINDを使っています。

先週末、東京国際キルトフェスティバルAutumn Market の

デコレクションズのブースにお邪魔させて頂いたのですが

そこで実物を見て、これ!これがいい!って思ったの。

その前から漠然とピンク系の布を合わせたいな・・と考えてはいたものの

手持ちにしっくり来る柄が無くて

そんな時に、もう・・なんてタイムリーな出会い

と言うワケで、お迎えさせて頂いた早々に使っています

こういう品があって、でもかわいらしい生地って大好き

Retro rose 白 中チラ1 

この写真だと伝わらないかも、ですが

表からチラッとだけ見える 優しいピンク

結構ツボです

Retro rose 白 口布 中 

口布の内側はリングを通しているので

手まつりでちくちく縫い合わせているのですが

表の2本のミシン目に倣って

内側に なんちゃってミシン線を入れています。

Retro rose 白 スリット 

横のスリットは深め。

あんまり浅いと口が開きにくくなっちゃうからね

ほつれ留めにBurgundyと同系色の糸でちくちくしています。

Retro rose 白 リングのバッグ2 

あぁでも無事に完成する事が出来て良かった

このbagは

どうしようかな?

いつか未定のカウプレ・・

にしようかどうか・・

考え中です。







       












にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 8

苦手なタックが・・  

体調はすっかり戻ったものの

その置き土産みたいに

大きな吹き出物(←もう、あえてニキビとは言いません)が一つ

なかなか治りません

痕が残ったらイヤだな。。


ハンドメイドの方は

また今日からミシンを動かしています。

レトロローズ 白 型紙 

チラシを使って出来上がりのイメージを確認してみたり。

大丈夫かな

思った通りにふっくら出来るかな。

レトロローズ 白 カット 

使うのはこちら Retro roseのモノトーンバージョンです。

カラーの方は接着芯を貼って使いましたが

今回はキルト芯と合わせます。

そしてその後

底の2箇所と、口部分に4箇所 タックを入れていくのですが

これが凄く苦手

生地だけ、ならまだいいのですが

キルト芯を合わせた物だと厚みが出る分

ズレずにぴっちりタックを寄せるのって本当に気を遣うの。。

それが面倒で

でもね、今日は大丈夫でした。

いつもと違う縫い方にしてみたら

とっても楽に、しかもキレイに縫えたのです


底のカーブの所に入れるタックで説明すると

今までは、出来上がりの線と線(つまり二等辺の部分ですね)

を合わせて縫っていたのですが

この線をぴったり、というのがキルトがある分合わせにくくて

縫ってみると右と左のタックでは微妙に角度がズレてしまったり・・

なんて事もしばしばだったのです。

なので今回はズレない様に

レトロローズ 白 タック 中心 

まずど真ん中に一本

ミシンで縫って、生地とキルト芯を合体!

レトロローズ 白 タック 中心 裏 

これでもう中心がズレないから

レトロローズ 白 タック 線 

片側だけに線を引いて

このミシン目の所できっちり山折りして

レトロローズ 白 タック 線 縫う 

縫うだけ。

もう中心がハッキリしているから

線と線を合わせて・・なんてしなくても

印の通りに縫ったら対称になるものね

レトロローズ 白 タック 出来上がり 

これで表から見ても

ちゃんと入れたい場所にタックが入りました。

すんごい楽だ~

何で今まで気付かなかったんだろう。

この後

レトロローズ 白 口タック 

口部分のタックも

流れ作業の様にサクサクと縫い進める事が出来ました。

なんだか・・

私にしては

凄く順調

・・・・

だ、大丈夫かな

最後に どかーーーーんって

失敗するとか・・・

いやっ

そんな事考えるのは止めよう

ポジティブ変換 ポジティブ変換!

ガンバレ!私







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 2

Retro rose の秋色miniクラッチ  

昨日の続きです。

体調も昨日よりは大分楽になりました。

という事でようやくのお披露目です。

出来上がったのはオソロで二つ

Retro rose 秋色クラッチ 

タイトルの通りにネーミングしてみたのですが

そもそもクラッチバッグって何だろう・・から始まりました。

だって形はポーチと変わりないじゃん!って思うから

調べてみると

どうも、肩紐とか持ち手の付いていないバッグらしいです。

それならポーチでもクラッチと言ってしまえばクラッチバッグだよね

私の中では

バッグに入れないでそれだけで持ち歩く物

っていうイメージなので

一応・・私なりにソコを目指したつもりです。

Retro rose 秋色クラッチ ブルー 

そして更に、凄~く大きなポーチっていうイメージもあるので

それからするとこちらは やや小ぶりなのでmini としてみました。

使っているファスナーの長さは27cm。

ちょっと前にもお話しましたが

最近、お店等でもタッセルの付いたbagをよく見かける様になったので

今回はそれがpointになる小物を・・

というのがテーマで作り始めたのでした。

 Retro rose マチ

強度に不安は残るものの

なんとか思い描いた通りに仕上がったタッセルをファスナーに付けて

両サイドの縫い代の分厚さに負けてぺたんこ仕様は断念し

その分厚い縫い代を片側に倒してマチを縫っているので

あまりキレイな底ではありませんが

それでもどうにか形にする事が出来たのでホッと一安心です。

Retro rose 秋色クラッチ イエロー 

今回メインに使ったのはYUWAのレトロローズ

綿麻のプリペラ生地という、ちょっと変わった素材です。

ざっくりとした麻袋の様な・・

それでいてコットンが85%のためか、ゴワついた感じもなく

比較的ソフトです。

ただ、この色

特にこちらのイエローの方なのですが

どれだけ写真を撮っても

地の色が明るく写ってしまうの

Retro rose 地の色 

白っぽく見えていますが、実際にはやや濃い目の生成りです。

ブルーの方は薄くグレーがかったベージュ、みたいな感じかな。

比較で斜め上にコピー用紙(白)を置いていますが

生地の色を見た目に近付けるためにこれでも暗くしているの、分かるかな?

Retro rose 地の色 暗め1 

でも地の色を近付けようとトーンを暗くすると

他の部分が更に暗くなっちゃうっていう。。


 と言う事で、今回は写真をあーでもない こーでもないと撮りまくり

300枚近く!(デジカメ万歳、です)

昨日「選んで編集する元気が無い」と言ったのも納得でしょう?


商品ページにも「落ち着いた生成り地」と明記されていますが

画像は やはり明るめで白っぽく見えるのでご注意下さいね。

Retro rose 地の色 暗め2 

私も手にした時は、あれ?思ったよりも地味な色合い?と思いましたが

実際作ってみると

秋冬物のイメージとしては

これくらい落ち着いた色合いの方が良かったかも、と。

そしてこのざっくりとした質感が

このクラッチの雰囲気にピッタリでした

Retro rose 秋色クラッチ中 

中には片側のみポケットを。

ペンが挿せる様に細く仕切ってみました。

Retro rose 秋色クラッチ中 色々 

B6の手帳と、それよりも一回り大きめのリングノート

ミニポーチ、ウォークマン

あとまだもう少し入りそう。

レトロローズにはやや厚手の接着芯を貼っていますが

中に何も入れていないと少しくたっとした感じ。

でも中に物を入れてしまえば結構しっかりするので

Retro rose 秋色クラッチ クラッチ 

クラッチバッグとして使えるかな、と思っています。
(ファスナーの所、微妙に縫い目が曲がっているのはご愛嬌)

一応クラッチだから

こう・・着画的な

抱えている様な写真もあるといいかなと思って

フローレン(←けっこう大きい)に協力してもらったのですが

Retro rose 秋色クラッチ フローレン 

逆に分かりづらい・・っていうオチで

Retro rose 斜め 

そして次に作るのは

同じくレトロローズのモノトーンバージョンの生地を使った物です。

ホントは3色オソロでクラッチ・・と思っていたのですが

どうにもモノトーンは浮いてしまいそうだったので。。

今日は型紙作り。

今週中には仕上げたいな~







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 8

まだまだ続き・・です。  

昨日から ちょっとボロボロの私です。

頭痛い

だるい

胃も荒れている?

唇の皮が剥ける剥ける。。

寝ても疲れが取れません

トシ・・のせいかしら

そんな中でもチクチク チクチク縫っていましたよ。

レトロローズ ブルー バイアス 

手縫いだから

TVを見ながら、いつも以上にスローペースで。

ちょっと縫い目が粗くなっちゃったかな

レトロローズ ブルー 内側 

イエローのレトロローズ にはハーフリネンのSAND GRAYを合わせましたが

ブルーの方にはFRENCH GRAYを。

ブルーがかった色なので相性も良いです。

これで完成して

今日は写真もたっぷり撮ったのですが

もうヘロヘロで

大量の写真の中から使えそうな物を選んで

編集して・・ってする元気、もう無い。。

なので1枚だけ

チラ見せ、というかお披露目です。

レトロローズ ミニクラッチ 横 

もう

これだけでいい?

イヤイヤ駄目ーーー

色々語りたいの!

語らせて~


と言うワケで

次回に続きます。。








にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 2

映画 『天空の蜂』  

昨日の初日に見て来ました。

原作者は東野圭吾さん

もう20年以上前に「放課後」を読んで以来

とても好きで、新刊を見付ける度に一つ、また一つ

と読んでいたのですが

この「天空の蜂」だけはスルーしていたのです。

手にとっては棚に戻し・・の繰り返し。

何故って?

テーマがとても重そうだったのと

ハラハラドキドキの展開は必至だったので

この分厚い本を読み終えるまでの数日間

それに耐えられそうもなくて・・もう怖くなって
 
わぁーーって最後の方のページを先に読んでしまいそうだしね。。

なので映画化すると知って オーーーッと歓喜

これは見に行くしかないでしょう?

だって映画ならハラハラドキドキも数時間だもの。

しかも主題歌が秦さんだなんて

私にとってはなんてプレミアムな組み合わせ

早く見たくて試写会にも何度か応募したけれど

ことごとくハズレだったので、それならばと

天空の蜂 

行って来ましたよ!

初日の丸の内 舞台挨拶の回です。

チケット、無理かなと思ったのに取れた

ギリギリだったのかな。2階席の一番後ろだったから

なので今日はそんなお話も含めて長文になってしまいそうだけれど

映画に関する写真はこれくらいしかなくて文章だらけになりそうなので

前回の続きでハンドメイドの進行状況の写真と共にお送り致します

 レトロローズ 内ポケット
レトロローズと合わせる内布はハーフリネンのSAND GRAY
ポケットの口にはちょこっとだけソレイアードを



今回行った丸の内ピカデリー1はとても大きな会場

収容人数は約800人 前二列は取材者用に空席でしたが

それ以外はびっちりの満席でした。

いつもは数名~多くても20人位で見ているので

こんなにたくさんで見るのは初めて。

可笑しいの。

あるシーンで800人が一斉に「ビクッ」ってなる・・っていう。

予告CM等で見ていたはずの部分なのに

すっかり引き込まれているからそんな事忘れていて

自分も含めて皆、マジでビビっていました。

中には「わぁぁっ」て声も聞こえたりして

一番後ろだから会場全体が見渡せる分余計に感じたのかもですが

この一体感、映画なのにLIVEみたいで新鮮で楽しかったです。


レトロローズ サイド 
表布には厚手の接着芯を貼ったせいか
両サイドは袋縫いしようと思っていたのに無理が



映画の詳しい内容についてはネタバレするといけないので語れませんが

とても考えさせられる内容でした。

出て来る人出て来る人、それぞれに対して

「もし私がこの人だったらどうするだろう・・」って考えてしまう様な。

みんな根っこの深い所には同じ想いがあるはずなのに

立場や見方によっては善にもなり、悪にもなり

時には善悪が混在している様にも思えたり。

そういうものって何を信じて行動するかで容易に翻ってしまう気がするから

ちゃんと自分の目で見て、考えて、選択して

その結果も自分で受け止めていかなくちゃいけない事なんだろうな



そんな思いを強く感じたストーリーでした。

でも、ドキドキの展開の中にもコミカルな部分もあったりして

イイ感じにそれが緩衝材になって

見終わった時にも心地良い疲労感と充実感。

秦さんの「Q&A」も映画を見る前からもう既に大好きでしたが

エンドロールで余韻と共に聴くと一層沁み込んでくる感じで良かった~


レトロローズ サイド バイアス手縫い 
と言う事でバイアス処理を(バイアス裁ちしていないから布でくるんだ、が正解ですが)。
しかも生地が重なる所をミシンで縫う勇気もなく、手縫いでちくちくと。。



そして、映画の終了後

とうとう舞台挨拶です。

舞台挨拶だなんて、ワイドショーでしか見た事がなかったからドキドキ

横の扉からの登場でしたが

映画を見たばかりなので、まるでスクリーンから出て来たみたい。

出演者の方々と最後に監督が。

それぞれの この映画に対する思いや

役作りのエピソード等も聞くことが出来て

ワイドショーで見ていたのはほんの一部なんだなと実感

ここに秦さんもいたら嬉しかったのにな~

でも仲間さんや江口さん、本木さんの口から

「秦君が」とか「秦さんの歌詞にも」とか

たくさん秦さんの名前が登場して

きゃー みんな「Q&A」聴いているんだ。しかもとっても好きみたい

って嬉しくなっちゃった。

そうだよね、だって歌詞がこの映画の想いにとってもリンクしているもの

演じていたら尚の事、心に響くよね


レトロローズ マチ 
本当はぺたんこの予定だったのですが、縫い代が分厚いせいで角がキレイに出ず。
4cmのマチに変更。でもこれを縫うのも大変でした。



そして本木さんの無茶ブリで永瀬さんが「Q&A」をアカペラで歌う事に!

ちょっと前のイベントでもそういう事があったけれど

その時はお客さんは30人位

でも今回は800人ですよ~

スゴイ!永瀬さん! その強いハートに拍手!!

だけど

その無茶ブリをした本木さんもイントロのギターのリズムを口ずさんでくれたのですが

永瀬さんに「それはどこの部分ですか?」と突っ込まれる様な

ちょっと危なっかしいメロディーだったのが可笑しかったです

あとは

映画のテーマがとてもデリケートなだけに

江口さんが

初日を無事迎える事が出来、この映画の想いを皆さんに届けられた事が嬉しい

と重ねて口にされていたのがとても印象的でした。


あぁでもホント

見に来て良かった、と思える映画でした。

あ、それから良かったと思える事がもう一つ

映画を見たので

もうこれで本の『天空の蜂』も安心して読めるかな・・と。

映画と本では内容が違う部分とかもあるのかもしれませんが

ドキドキハラハラも映画を見ている分、構えていられるものね。

でも

安心して・・だなんて

そんな読み方するなーーって

東野さんに怒られちゃうかな






レトロローズ タッセル 

そしてこちら

この間工作していたタッセルをファスナーに取り付けて

完成~

と言いたいところですが

まだ、サイドは片側しか縫い終わっていないし

更にはおソロのブルーもあるので

これから

頑張りたいと思います。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: Hata san

tb: --   cm: 2

  

前回のローズの生地

レトロローズ 帆布 

ここまで縫ったのですが

内布に使う生地を水通し中なのでこれ以上は進めず。

なのでその間に、今日は久しぶりの工作です。

使うのは革

革 フリンジ カット 

最近はお店もすっかり秋冬の装い

bagのコーナーを覗いたら

コレにもアレにも・・って目に付いたモノが気になって気になって

どういう造りになっているのかじっくり観察

でも仕様も物によって様々

フリンジの長さも1本1本の幅も

根元の留め方とかも・・

作り方も色々検索してみたけれどそちらも様々。。

なので雰囲気で

一番好みの形になりそうな物を目指してみました。

フリンジの幅は5mmだとちょっと太いので

3~4mmを目安にカットしたのですが

平行に切り込みを入れるのって結構気を遣いますね。

革 フリンジ 2種

若干?バラつきが出来ちゃった

練習のためにまず合皮をカットしてみたのですが

やっぱり本物の革の方が雰囲気がイイです

フリンジ 接着 

根元部分は一つ目が作りにくかったので

2個目(奥)はちょっと改良。

ボンドで接着して

乾くまでマステで固定中。

結構手抜きな感じで作ったので

どうかな・・

ちゃんと出来るかな?

ドキドキ







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: komono

tb: --   cm: 2

エコバッグの補修  

もう何年か前に

お友達にもらったエコバッグ

とても大きいので

スーパーに水を汲みに行く時の

大きなボトル(空の)を3つ入れるのに重宝しているのですが

ヘビロテなので

持ち手がスゴい事に

エコバッグ 持ち手 ボロボロ 

汲んだお水のボトルはここには入れないものの

買い物の時はこの袋に目一杯食材等を入れているので

持ち手に負担が掛かるのはしょうがないですよね。

でも、見事な裂けっぷり

ま、ここまで放置していたのは私、なんだけどね

という事で

付け替えました。

エコバッグ 持ち手補修 

わーーい

これで新品同様!(←大げさ)

エコバッグ 補修 比較 

ちょうど似たテープ?が手芸屋さんにあったので良かった

少しツルッとした素材で

しかも前の物よりもやや厚め。

これでまた数年、使えるかしら?




それにしても

最近は雨 雨 雨ですね。

暑くないのは過ごしやすいけれど

さすがにここまで連日だと

気持ちまで沈んでしまいそうです。

のもそうですが

写真も暗~くなってしまうのが困った所です。

ハンドメイドは

裁断を始めていますよ。

レトロローズ 秋 

こちらはやや厚手の接着芯を貼り終わった所。

想像以上の大柄に(←勝手に勘違いしていた)かたまりつつ

でもこれからの季節に合いそうな色合いなので

なんとかイメージ通りに仕上げたいなぁ・・と。

ゆっくりですが

コツコツと頑張っています







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: komono

tb: --   cm: 0

リバティ エロイーズのスリムペンケース  

先日のこれ

エロイーズ ユーカリ 

あれからなんとか完成させる事が出来たので

今日はそのご紹介です。(フェードアウトじゃなくて良かった)

まずは地味~な作業から

ファスナー ユーカリ 

今回リバティと合わせたのは

C&Sのやさしいリネン ユーカリ

この色、とっても素敵なので表側にも使いたくて。

ほんのちょこっとしか見えないけどね

エロイーズ キルト 

リネンには接着芯を貼り、リバティにはキルト芯を合わせて。

ファスナー エロイーズ 片側 

このタナローンの さらっと、するっとした感じって独特ですよね。

キルトと合わせるとそこに ふかっ も加わって

本当にとってもいい手触り

ユーカリ 短め 

表がキルトで厚めなので

内布はたるまない様に幅を短めに、ね。

今回はファスナーが中央に来るタイプを作っています。

両サイドはバイアス処理をしなくていい様に、と

こんな感じにして

この後 両サイドを縫って

内布に開けておいた返し口から表に返すのですが

だ、大丈夫かな・・これで。。

ちゃんと辻褄は合っているかしら・・

とドキドキ

結果

大丈夫でした~ 良かった~

でもね、両サイドは厚みが結構ある分縫いにくかったのと

表に返した時に若干ゴロつくのがちょっと不満

だけど、ま、一応形になったからよしとしちゃおう!

エロイーズ ペンケース  

かわいい?

かわいく出来た、よね。

自分ではそう思うの。

・・

この部分だけ見れば、ね。

でも

エロイーズ ペンケース 中 

長過ぎたーーーー

20cmのファスナーではさすがに長過ぎでした

エロイーズ ペンケース 中 消しゴム 

このスリムなペンケースに入れるにはちょっと大きめの消しゴムを

凸凹させずに収納するにはこの配置しか無いと思って

あえての20cm、だったのですが

ひょろ長かったぁ・・うぅっ。。

でもしょうがない

いいんだ

このまま使おう。

エロイーズ ペンケース 横 

最近はペンケースといえば

ビニコや革などを使って作る事が多かったのですが

なんとなく、普通の生地で

持った時にふかふかっとした手触りを楽しめるような

そんなケースが作りたかったのです。

ぺたんこタイプですが

中にペン類を入れると厚みが出るので

やっぱり少しでもマチがあった方がもっと可愛くなったかも。

エロイーズ ペンケース 中 たるまない 

内布は短めにしたお陰で比較的スッキリと仕上がりました。

この色の組み合せ ホントいい感じ ツボりました

エロイーズ ペンケース 革 

色々と気になる部分もあるので

満足度でいうと50%位なのですが

柄のかわいさ&ふかふか感は十分楽しめるので

ボロボロになるまで使うつもりです(←意地)






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: リバティ

tb: --   cm: 6

そういえば  

ちょっと前に作ったハンキーズの

ハンキーズ クロス FB 

このクロス

他にも写真を撮ったのにupするのを忘れていました

前にもお話した通り

ただ単純に周りを縫っただけ、なのですが

ハンキーズ クロス お皿 

ホント

それが一番 な気がします

裏は

ハンキーズ クロス お皿 ピンク 

ピンク

表と裏

同じ生地を使っているから

洗濯をしても縮みの差は出ないかな?

水通しをしてから作っても

違う生地を使うとどうしても どちらかがたるんだりするんですよね。

あんまりひどいと解いて縫い直す事も

今回は、大丈夫かな?

このクロスはキッチンで使っていますが

そこそこ大きさもあるし

フリークロスとして色々な所で使えそうです。

ハンキーズ クロス ミシン 

ミシンの埃避け、とかね。


あともう一枚残っている柄は

まだ何もしていません。(←アイデア凍結中)

なので

次に作るのはこちら

エロイーズ ユーカリ 

何だか久しぶり~なリバティです

このグリーンのエロイーズと

やさしいリネンのユーカリの色が

とっても相性がイイ感じ

でも作り方にイマイチ不安が。。

頭の中でぐるぐるとシュミレーションした手順に

矛盾が無いといいのだけれど・・。

この先

フェードアウトしていたら

・・そういう事で






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 0

ハンキーズ その2  

ここのところ毎日雨で

部屋が湿気っぽくて仕方ありません。

でも今日はお昼過ぎに

雨の合間に少しだけ陽が射したの!

という事で

先日のハンキーズの写真をすかさず撮ってみたのですが

く、暗かった~

雨の合間のお日様では光が足りないみたい?

でももうこれでお披露目しちゃいます。ゴメン!

ハンキーズ 巾着  

ちょっと明るくしちゃったから紗がかかって見えますが

これ以上暗くするとネイビーのオックス生地が真っ黒に見えちゃうからね

見ての通りですが

巾着です。

ハンカチ一枚で作れる巾着ってあるでしょう?
(検索とかすると色々画像が出てくると思います)

あの雰囲気がとても可愛いので

いつか作ってみたいと思っていたのですが

アレをいざ作るとなると

結構な大判のハンカチを使わないと実用性がなくなる感じで

ならばもう諦めてテイストだけ巾着に織り込んで作ってみようかな・・と。

ハンキーズ 角  

ハンカチの角の部分がちょっとバンダナ風にメインに来る感じ、ね。

ホントのハンカチ巾着はこれをペロッとめくると

隠しポケットっぽいものが出てきますが

のは何もありません

ハンキーズと合わせたのはネイビー

いつもの私だったら

リネンベージュとか、明るめのナチュラルな色を合わせるのですが

今回は、そろそろ秋に突入という事で

ちょっと濃い目の色をチョイスしてみました。
(と言っても画像よりも気持ち明るめのネイビーカラーです)

ハンキーズ 巾着 口紐 

紐もブラウンで。

サテン、だったかな?

するりと滑りが良いので開閉するのが気持ち良いです

ハンキーズの生地は角を対角線に2個分使ったのですが

中央部分が余ったので

そのままの長さを

ハンキーズ 巾着 中 

内側の底に使ってみました。

この巾着の底は本来5cmなのですが

そういうワケで中を見ると底の幅が広いような錯覚が

外側の底は

ハンキーズ 巾着 底 

こんな感じ。

巾着なのだけれど

ちょこっと

ほんのちょこっとだけ しっかりした見た目にしたくて

別の生地で「底ですよ~」感を出してみました。

あとは

お決まりの? 残念ポイントも

ハンキーズ 巾着 横ズレ 

ズレました。

しかも両方とも。。

詰めが甘いよね、私。

あ~あ

ハンキーズ 巾着 2 

でもね

それ以外はほぼイメージした通りに出来上がったので

OK!

としちゃいましょう(←甘い?)




       









にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: デコレクションズ

tb: --   cm: 6