*chouchou*

手作り・暮らし・お気に入り

映画 『天空の蜂』  

昨日の初日に見て来ました。

原作者は東野圭吾さん

もう20年以上前に「放課後」を読んで以来

とても好きで、新刊を見付ける度に一つ、また一つ

と読んでいたのですが

この「天空の蜂」だけはスルーしていたのです。

手にとっては棚に戻し・・の繰り返し。

何故って?

テーマがとても重そうだったのと

ハラハラドキドキの展開は必至だったので

この分厚い本を読み終えるまでの数日間

それに耐えられそうもなくて・・もう怖くなって
 
わぁーーって最後の方のページを先に読んでしまいそうだしね。。

なので映画化すると知って オーーーッと歓喜

これは見に行くしかないでしょう?

だって映画ならハラハラドキドキも数時間だもの。

しかも主題歌が秦さんだなんて

私にとってはなんてプレミアムな組み合わせ

早く見たくて試写会にも何度か応募したけれど

ことごとくハズレだったので、それならばと

天空の蜂 

行って来ましたよ!

初日の丸の内 舞台挨拶の回です。

チケット、無理かなと思ったのに取れた

ギリギリだったのかな。2階席の一番後ろだったから

なので今日はそんなお話も含めて長文になってしまいそうだけれど

映画に関する写真はこれくらいしかなくて文章だらけになりそうなので

前回の続きでハンドメイドの進行状況の写真と共にお送り致します

 レトロローズ 内ポケット
レトロローズと合わせる内布はハーフリネンのSAND GRAY
ポケットの口にはちょこっとだけソレイアードを



今回行った丸の内ピカデリー1はとても大きな会場

収容人数は約800人 前二列は取材者用に空席でしたが

それ以外はびっちりの満席でした。

いつもは数名~多くても20人位で見ているので

こんなにたくさんで見るのは初めて。

可笑しいの。

あるシーンで800人が一斉に「ビクッ」ってなる・・っていう。

予告CM等で見ていたはずの部分なのに

すっかり引き込まれているからそんな事忘れていて

自分も含めて皆、マジでビビっていました。

中には「わぁぁっ」て声も聞こえたりして

一番後ろだから会場全体が見渡せる分余計に感じたのかもですが

この一体感、映画なのにLIVEみたいで新鮮で楽しかったです。


レトロローズ サイド 
表布には厚手の接着芯を貼ったせいか
両サイドは袋縫いしようと思っていたのに無理が



映画の詳しい内容についてはネタバレするといけないので語れませんが

とても考えさせられる内容でした。

出て来る人出て来る人、それぞれに対して

「もし私がこの人だったらどうするだろう・・」って考えてしまう様な。

みんな根っこの深い所には同じ想いがあるはずなのに

立場や見方によっては善にもなり、悪にもなり

時には善悪が混在している様にも思えたり。

そういうものって何を信じて行動するかで容易に翻ってしまう気がするから

ちゃんと自分の目で見て、考えて、選択して

その結果も自分で受け止めていかなくちゃいけない事なんだろうな



そんな思いを強く感じたストーリーでした。

でも、ドキドキの展開の中にもコミカルな部分もあったりして

イイ感じにそれが緩衝材になって

見終わった時にも心地良い疲労感と充実感。

秦さんの「Q&A」も映画を見る前からもう既に大好きでしたが

エンドロールで余韻と共に聴くと一層沁み込んでくる感じで良かった~


レトロローズ サイド バイアス手縫い 
と言う事でバイアス処理を(バイアス裁ちしていないから布でくるんだ、が正解ですが)。
しかも生地が重なる所をミシンで縫う勇気もなく、手縫いでちくちくと。。



そして、映画の終了後

とうとう舞台挨拶です。

舞台挨拶だなんて、ワイドショーでしか見た事がなかったからドキドキ

横の扉からの登場でしたが

映画を見たばかりなので、まるでスクリーンから出て来たみたい。

出演者の方々と最後に監督が。

それぞれの この映画に対する思いや

役作りのエピソード等も聞くことが出来て

ワイドショーで見ていたのはほんの一部なんだなと実感

ここに秦さんもいたら嬉しかったのにな~

でも仲間さんや江口さん、本木さんの口から

「秦君が」とか「秦さんの歌詞にも」とか

たくさん秦さんの名前が登場して

きゃー みんな「Q&A」聴いているんだ。しかもとっても好きみたい

って嬉しくなっちゃった。

そうだよね、だって歌詞がこの映画の想いにとってもリンクしているもの

演じていたら尚の事、心に響くよね


レトロローズ マチ 
本当はぺたんこの予定だったのですが、縫い代が分厚いせいで角がキレイに出ず。
4cmのマチに変更。でもこれを縫うのも大変でした。



そして本木さんの無茶ブリで永瀬さんが「Q&A」をアカペラで歌う事に!

ちょっと前のイベントでもそういう事があったけれど

その時はお客さんは30人位

でも今回は800人ですよ~

スゴイ!永瀬さん! その強いハートに拍手!!

だけど

その無茶ブリをした本木さんもイントロのギターのリズムを口ずさんでくれたのですが

永瀬さんに「それはどこの部分ですか?」と突っ込まれる様な

ちょっと危なっかしいメロディーだったのが可笑しかったです

あとは

映画のテーマがとてもデリケートなだけに

江口さんが

初日を無事迎える事が出来、この映画の想いを皆さんに届けられた事が嬉しい

と重ねて口にされていたのがとても印象的でした。


あぁでもホント

見に来て良かった、と思える映画でした。

あ、それから良かったと思える事がもう一つ

映画を見たので

もうこれで本の『天空の蜂』も安心して読めるかな・・と。

映画と本では内容が違う部分とかもあるのかもしれませんが

ドキドキハラハラも映画を見ている分、構えていられるものね。

でも

安心して・・だなんて

そんな読み方するなーーって

東野さんに怒られちゃうかな






レトロローズ タッセル 

そしてこちら

この間工作していたタッセルをファスナーに取り付けて

完成~

と言いたいところですが

まだ、サイドは片側しか縫い終わっていないし

更にはおソロのブルーもあるので

これから

頑張りたいと思います。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: Hata san

tb: --   cm: 2

コメント

こんにちは♪

今日の記事はすっごく楽しかったです*笑
だって映画の話なのにちょこちょこハンドメイドの進行状況が・・・
もう目が離せない状態でしたよ(^^*)
目が離せなかったのでコメントも残させてもらいました☆
相変らず丁寧な手仕事で・・・
Rin**rinさんにポーチ作りを習いたいです♪(結構本気*笑)
私の師匠さんになってくださ~い(^O^)

URL | kumi #-
2015/09/13 18:24 | edit

Re: kumiさん

こんにちは

この長文を
目を離さずに最後までお付き合い下さってありがとう^^

今回のハンドメイドは変更につぐ変更で
もう・・思い描いていた手順では全然進んでくれないので
かなり手こずっています(^^;

失敗・・とかの師匠にだったらなれそうな気がします(笑)トホホ

URL | Rin**rin #5KPaI2a2
2015/09/14 11:54 | edit

コメントの投稿

Secret