*chouchou*

手作り・暮らし・お気に入り

憧れの・・  

近頃は

手芸本をほとんど買いません。

雑誌と違って、時間が経ったら切り抜いて・・

という事もアレなので

どんどん増えてしまうから。

気になる本は、立ち読みするか

図書館に登場するのをひたすら待つ、みたいな

でもね

この本だけは買わずにはいられませんでした。

もう発売前に予約ポチし、発売当日にget


1冊丸ごと Love*Lemoned* の Rei。。さんの本

憧れだもの。

縫製がとても丁寧で

リバティや作品に対する愛情が写真からも伝わって来る

そんなRei。。さんのblogが大好きで

あぁ、私もいつか

こんな風に自分の作った物を紹介するblogをやってみたいな

なんて思ったりしていました。

だから実際に*chouchou*を始める時に

迷わず「FC2」を選んだのもそんな憧れと尊敬の気持ちから。

それと、オソロにする事で

Rei。。さんのblogの様にたくさんの方々に愛されるblogになります様に

っていうゲン担ぎでもあったりふふふ。


本の中身は盛りだくさん

バラエティも豊富で

何だろう・・

作品集の様に、見ているだけでもほっこり出来るし

勿論作ってみたい物もいっぱい。



早速その中から一つ

作ってみましたよ


キャラメルポーチ 
パターン:リバティプリントで作るまいにちのバッグ、ポーチ、布こもの



かっ

かわいーーー



キャラメルポーチを作るのは初めて?かも。

キャラメルポーチ 2本線2 

おっちょこちょいの私なので

裁断の時からミスをしたり・・で

反省点・改善点は多々あるものの

写真付きの詳しいレシピのお陰で、作り方に迷う事はありませんでした

ファスナーのサイドのステッチは

永遠のマイブームの2本入りに。

キャラメルポーチ 2本線 

大きさとか、リバティと無地のバランスが絶妙~

生地を変えてまた作ってみたいな。



最後に・・



キャラメルポーチ 本 改 

          
本から飛び出して来た風に写真を撮ってみるムフフ









にほんブログ村

category: リバティ

tb: --   cm: 4

いまだに  

私はガラケーなのですが

外出中には やはりそれだと不便なので

タブレット的なモノを使っていたのですが

それの写真機能・・というか画質があまりにも悪いので

ずっと不満だったの。

しかもサイズも一般的なスマホよりも大きいから

外でbagから出して見るのにも

なんだか凄く恥ずかしくて・・

どうしてかな?

ガラケーは全然気にせずに使えるのにね

というワケで

先月の誕生日にかこつけて

無理くり買ってもらったこちら

Xperia z5 

とにかく写真が綺麗なモノを・・と選んでみました(Xperia z5)

と言っても

相変わらずガラケーは健在なので

こちらは私にとっては前の物同様に「スマホみたいなヤツ」なのだけれど

お迎えして試しに写真を撮ってみたけれど

うん

前の物に比べたら、格段にくっきりキレイに撮れています

そしてサイズも大丈夫、これなら恥ずかしくない

さぁ

そうしたら後はどんなカバーを付ける?

って事ですよね。

手帳型に憧れがあったので

はじめはそういうのを探していたのですが

コレ!っていうものに出会えず

もう・・ソフトカバーでいいや。。となったのですが

スゴイですね

シリコンのカバーを頼んだのですが

クリアの物を選んだら

想像していた以上にクリアでした

きっとクリアと言ったって半透明だろうな

と思っていたのに嬉しい誤算



そうなったら

もう、やっちゃいますよね。

Xperia リボンズ 

間にビニコを挟む

っていうのを、ね。

本当はパステルピンク系のEmilyを挟みたかったけれど

ビニコは持っていないから

本体のピンクと相性の良さそうなJenny's Ribbonsにしてみました。

うん

かわいい

柄もそのままくっきり見えるので

満足満足です









にほんブログ村

category: リバティ

tb: --   cm: 2

テトラ型バネポ ジェニーズリボンズetc..  

今日は、前回の作り方・・の時にお話していた

アレンジバージョンのご紹介です。

まずはタイトルの通りのジェーニーズリボンズから

テトラ ジェニーズ 

テトラは幾つか作って来ましたが

そういえばリバティで作った事が無かったな、と思って。

グロかわいいジェニーズリボンズ

テトラ ジェニーズ 革 

今までは正面のみに挟んでいた革を

切り替え全部に挟んだ感じです。

使っているのはセリアのぺらっぺらの合皮

とても薄いので前面に使っても盛り上がり過ぎないのがgoodです。

中にコード等は入れていませんが

ちょっとパイピング風・・みたいな

テトラ ジェニーズ タグ 

テトラって形的にPOPなイメージがあるのですが

柄のせいなのか

ちょっと上品に見える?かも

タグもナチュラルな色合いの物を選んでみました。

テトラ ジェニーズ2 

中に飴とかチョコとかを入れて

デスクの片隅にちょこんと置いておく・・とか

そんな使い方をしたらかわいいと思う

最初にテトラを作った時には

バネ口もカン付きの物にして持ち手を付けようかとも考えたのですが

ちょうど三角の頂点にカンがあるのが どうにも見栄えが悪くて断念

でも

そもそもテトラって置いて使うのが一番かわいいよな~と。

だからもうこれでOKです


そして、アレンジバージョン二つ目

テトラ 青りんご  

こちらは切り替え無しで作ってみました。

なので勿論 表布は一枚。

サイズは内布と同じにカットしてもらえばOKです。

インパクトのある柄を使う時等は切り替え無しの方が存在感があるかな。

作るのも楽だしね。

テトラ 青りんご タグ 

タグはシンプルだけど大きめの物をドーーンと

白地で下の青りんごが透けてしまうので

裏にやや厚手の接着芯を貼ってみたら透けなくなりました

テトラ 青りんご 口布 

そしてバネ口部分も共布で。

でもね、ここでも

生地のベースが白いのでそのままだとバネの黒が透けてしまったので

なんと

ラミネートの裏に

禁断の接着芯・・というか

接着芯を貼るためにアイロンを、かけてみました

最近は高温で接着出来るタイプの芯を愛用しているのですが

さすがにこちらには中温タイプの物を使用。

そしてそれでもビビってきちんと当てられなかったので

結局すぐに剥がれちゃいそう・・位の危うい状態のまま

両端を縫い留めて押さえる・・みたいな

でもお陰で透けなくなったのでヨシとします

テトラ リンゴシリーズ 

切り替え有り、と無し

個人的にはやはり切り替えがあった方が好きだなぁ

の写真は何気にリンゴづくしなんですよ。

青りんごと カラフルリンゴと リンゴの花

家族、みたい。

それから何となくお雛様のイメージが浮かんでくるのは何故かしらぷぷぷ。






こんな感じでテトラシリーズは一旦完了です。

こう・・

実用性はあまり無いと思うのですが

形がかわいいので

ついついたくさん作りたくなる・・。

私にとってはそんなお気に入りの小物です

テトラバネポ 集合 

試作も含めて

今、我が家にある物勢ぞろい

皆さんも

よかったら是非作ってみて下さいね!

作り方はこちら→




      




ところで話は変わりますが

最近設置したこちらのbbs

レシピBBS

記念すべき、初投稿を頂きました~

わーーい

イタチさん ありがとうございます!

とてもかわいいアームカバー

皆さん、是非ご覧になって下さいね。



そしてそれと共にまた私のミス発覚

返信欄に、まだメルアド記載欄が残っていたのです

Site(URL)は元々公開されているモノだけど

メルアドは公開されると個人情報が誰にでも見えてしまうので

どうにか消したいのですが

あれこれやっても修正出来ず。

もう・・にっくきHTML

嫌いだ~嫌いだ~大ッ嫌いだーーーー

その後

テンプレート自体を変更して

色々いじくりまわし

なんとか消去出来たみたい
(イタチさんのメルアドは控えたので私だけのモノです)

でも、背景がかわいいグレーのストライプだったのに

それが表示されなくなっちゃった。

ホント・・機械に強い人が羨ましいです


そんなこんなでパタパタしてしまったbbsですが

私にとっては 皆さんの作品を拝見させて頂けるとても大事な場所なので

これからたくさんの投稿で賑わってくれたらいいなと思っています。









にほんブログ村

category: リバティ

tb: --   cm: 8

リバティ ガラスマグネット  

前回お話した通り

今日はリバティバージョンのご紹介です。

24個 一気にどんっ!

リバティ ガラスマグネット24 

カラフルです

普段のハンドメイドでも量産ってあまりしないので

こんなに小さな物でもたくさん並んで写真を撮れるのって嬉し~

なので、今日は似た様な画像ばかりですが

いっぱい写真を撮ったので色々ご紹介しますね。

リバティ ガラスマグネット 赤系 

赤系華やかでかわいいです。

毎度の事なのですが

一つ一つ

どこを切り取るかで結構悩みます。

本当に小さいだけに

その中にどれだけその柄の可愛さを詰め込めるか

っていうのが重要な気がして(←大げさ?)

でもね

そのいい部分が、持っている生地の端っこにあるとは限らないから

ここを切り取りたいけれど

勿体無いから無理~

と、諦める事もしばしばです

リバティ ガラスマグネット 青系 

青系スッキリした印象でお気に入りです。

前にもお話しましたが

今回はボンドの乾きが遅いのか

透明に中々なりきらずヒヤヒヤしました。

本貼りする前に下地の処理として薄めたケマージュを塗ったせいかな?

今までは中央の乾きにくい所は

生地やその下のタックシールに徐々に染み込んでいって

糊残り?みたいな物があまりなく、透明になり易かったのかも。

でも今回は気泡や染み込みムラをなくすために下塗りしたから

吸収される逃げ場がなかったのかもしれません。

でも下塗りをしたせいか

今回はムラはあまり出来なかったし

目立った気泡も入らなかったのでそれは良かったかな

リバティ ガラスマグネット てかり 

ただ・・

ただね、リバティは生地の目がとっても細かいから

生地中の空気は完全には抜けなかったみたい。

普通に見る分には問題無いのですが

光にかざすと縁などがテカっていたりします

ま、でもこれ位なら私の中では許容範囲内・・だけど。

でも

次回作る時にはもう少し時間を掛けて下処理してみようかな。メモメモ

そして

リバティバージョンでの一番のお気に入りは

リバティ ガラスマグネット エミリー MA 

ひ、一つに絞れなかった~

不動のEmily

特に淡い色のモノはもう・・どうしたって好きなの~

そしてEmilyに次ぐのがMargaret Annie

その中でも この蕾の部分が特に好きなので

マグネットとか、くるみボタンとか

どうしてもココを選んでしまうっていうワンパターンな感じ

でも・・

好きなんだよな~

リバティ ガラスマグネット 光 

前回も書きましたが

光を通すととても綺麗なので窓辺で撮影したりしていますが
  置く角度によってはレンズの様に光を集めてしまうので
  そのまま放置しないように気をつけています。


これだけたくさんあると おはじきみたい

リバティ ガラスマグネット 整列 

フレームにぎっしり並べて付けてみたら重い重い

はぁ~でも写真を撮るのが楽し~

かわいい~

リバティ ガラスマグネット ネオマグコラボ 

ネオマグとのコラボは最強の様な気がします

このマグネットは

剥がすところから仕上げまで

とにかく大変!っていう

キレイに出来ないモヤモヤ感とずっと向き合っている感じなのですが

その分、出来上がった時の嬉しさは半端無いです。

リバティ ガラスマグネット24 大 

それで

やっぱりかわいいな~

大変だったけれどまた作ろう!

って思って

でも大変なので結局当分作らなくなるの

だから今度作るとしても

きっとずっと先になるんだろうな~








にほんブログ村

category: リバティ

tb: --   cm: 4

リバティ エロイーズのスリムペンケース  

先日のこれ

エロイーズ ユーカリ 

あれからなんとか完成させる事が出来たので

今日はそのご紹介です。(フェードアウトじゃなくて良かった)

まずは地味~な作業から

ファスナー ユーカリ 

今回リバティと合わせたのは

C&Sのやさしいリネン ユーカリ

この色、とっても素敵なので表側にも使いたくて。

ほんのちょこっとしか見えないけどね

エロイーズ キルト 

リネンには接着芯を貼り、リバティにはキルト芯を合わせて。

ファスナー エロイーズ 片側 

このタナローンの さらっと、するっとした感じって独特ですよね。

キルトと合わせるとそこに ふかっ も加わって

本当にとってもいい手触り

ユーカリ 短め 

表がキルトで厚めなので

内布はたるまない様に幅を短めに、ね。

今回はファスナーが中央に来るタイプを作っています。

両サイドはバイアス処理をしなくていい様に、と

こんな感じにして

この後 両サイドを縫って

内布に開けておいた返し口から表に返すのですが

だ、大丈夫かな・・これで。。

ちゃんと辻褄は合っているかしら・・

とドキドキ

結果

大丈夫でした~ 良かった~

でもね、両サイドは厚みが結構ある分縫いにくかったのと

表に返した時に若干ゴロつくのがちょっと不満

だけど、ま、一応形になったからよしとしちゃおう!

エロイーズ ペンケース  

かわいい?

かわいく出来た、よね。

自分ではそう思うの。

・・

この部分だけ見れば、ね。

でも

エロイーズ ペンケース 中 

長過ぎたーーーー

20cmのファスナーではさすがに長過ぎでした

エロイーズ ペンケース 中 消しゴム 

このスリムなペンケースに入れるにはちょっと大きめの消しゴムを

凸凹させずに収納するにはこの配置しか無いと思って

あえての20cm、だったのですが

ひょろ長かったぁ・・うぅっ。。

でもしょうがない

いいんだ

このまま使おう。

エロイーズ ペンケース 横 

最近はペンケースといえば

ビニコや革などを使って作る事が多かったのですが

なんとなく、普通の生地で

持った時にふかふかっとした手触りを楽しめるような

そんなケースが作りたかったのです。

ぺたんこタイプですが

中にペン類を入れると厚みが出るので

やっぱり少しでもマチがあった方がもっと可愛くなったかも。

エロイーズ ペンケース 中 たるまない 

内布は短めにしたお陰で比較的スッキリと仕上がりました。

この色の組み合せ ホントいい感じ ツボりました

エロイーズ ペンケース 革 

色々と気になる部分もあるので

満足度でいうと50%位なのですが

柄のかわいさ&ふかふか感は十分楽しめるので

ボロボロになるまで使うつもりです(←意地)






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

category: リバティ

tb: --   cm: 6